消費者金融審査詳細情報配信事務局

キャッシングとシニア世代

 

キャッシングとシニア世代

シニア世代になると、お金の面で何かと不自由なことが増えていきます。もちろん、年金を受け取る時になれば、老後の楽しみがあるでしょう。しかし、十分な蓄えやお金がなければ楽しい老後は過ごせません。このような理由で、お金が足りない時に「キャッシングを利用したい」というシニアが増えてきています。

 

最近では年金が受け取れる、受け取れないという話題がよく上がっていますが、そういったことからも今後ますます、高齢者のキャッシング需要が増えることが考えられます。

 

しかし、多くのキャッシング商品は65歳〜70歳までと上限が決まっているのはご存知の通り。厳しい場合は、60歳になった時点で融資を打ち切るところもザラにあります。もちろん既に60歳を超えていれば審査に通ることもできませんし、それに近い年齢であれば、それだけ年齢が審査に不利に働くことになります。

 

年齢の問題は、収入やクレジットヒストリーとは違い、対応や対策のしようがありません。なので例えば、65歳を上限としている業者で65歳以上の方がキャッシングをすることはどう頑張ったところで不可能です。なので残された手段は65歳を上限としていない業者を探すことだけなのです。

 

一部の消費者金融、銀行の商品では、シニア層をターゲットにしているものがあります。それらは、一般的なキャッシング商品よりも上限年齢が高く設定されている傾向があります。ただし、相手が貸金業者の場合、今は総量規制があるので収入があることが条件となります。年金は収入に含まれないので注意しましょう。

 

高齢化が進む中、今後はシニアをターゲットにしたキャッシング商品が増えてくると思われます。また、比例するようにしてシニア世代の多くは、退職後に新しい仕事(副収入がえられる仕事)に再就職しているようです。キャッシングとシニアの関係もこれからどんどん、進化・発展していくことでしょう。今後の動きに注目したいと思います。