消費者金融審査詳細情報配信事務局

キャッシングと自己破産

 

キャッシングと自己破産

自己破産をしていると「キャッシングできない」という強いイメージがあります。もちろん、イメージだけではなく大抵の場合、自己破産をしたらお金を借りることは非常に難しくなります。それどころか、しばらくの間はクレジットカードすら作ることもできなくなります。

 

キャッシング、クレジットカードの他、住宅ローン、自動車ローンなど様々なローンも組めなくなり、生活に様々な障害が生まれます。つまり自己破産というのはそれだけのペナルティーがあるということです。「自己破産をすれば、借金が帳消しになってオススメ」という記事をよく目にしますが、それなりの覚悟が必要だということは忘れないでください。

 

ただし、これは一生お金が借りられない、という訳ではありません。自己破産後、5年〜10年でカードが取得出来た、お金が借りられたというケースは多く耳にします。というのも、自己破産の記録は信用情報にずっと残るわけではなく、5年〜10年経つと消えるからです。つまり、それ以降の審査では自己破産の経歴があるということは基本的には発覚しません。

 

さて、自己破産の情報が消え、晴れて安心して申し込みができると思いきや、ここでも実は注意しなければならないことがあるのです。自己破産の情報は消えているのになにを気をつけるのでしょうか。

 

実はキャッシング、クレジットカードを申し込むとき、クレジットヒストリーというものが必要になります。今までのクレジットカードの支払い履歴やキャッシングの借入、返済の履歴です。これらのクレジットヒストリーが多ければそれだけ信用度が上がるというものなのです。つまり、自己破産をして5年〜10年待ってた人は5年〜10年の間、全くクレジットヒストリーが無かったことになります。これは審査においてマイナスに転じることがあります。

 

まずは、自己破産後でも「比較的つくりやすいキャッシング」を調べてみましょう。数年間クレジットヒストリーのデータ蓄積ができなかったのですから、取得しやすいカードで「可決される」ことが大切です。

 

可決された後は、コツコツと良い履歴を残していきましょう。支払い能力があると認められれば、徐々に信用情報は回復していくでしょう。