消費者金融審査詳細情報配信事務局

キャッシングとフリーランス・個人事業主の場合

 

キャッシングとフリーランス・個人事業主の場合

ここでは、個人事業主とキャッシングの関係について見て行くことにしましょう。

 

近頃、フリーランスとして働く人が増えています。音楽やデザインの分野、文章の作成、クリエイティブな世界では、自宅で「個人事業主」として仕事をしている方は多くみられます。また、これ以外にも自宅で事務作業を行う方、ネットショップなどの会社を興される方など、さまざまな形態で仕事を持つことができるのです。

 

一昔前までは、イレギュラーとされていたフリーランスでしたが、現在ではその数は多く、決して珍しい存在ではありません。従って、キャッシングに悩むフリーランスの方も多くいるかと思います。

 

このような方は、個人事業主として仕事をしている以上「キャッシング・ローンが組みにくい」という傾向があります。もちろん、きちんとした(仕事で)実績があり収入も多く、毎月安定した収入が得られれば、大きな問題もなくお金を借りることができるでしょう。ただ、小規模な仕事の請負い、会社の規模が小さなところでは「審査が通らない」という声や「クレジットカードがぜんぜん取得出来ない」という声を耳にするのです。

 

現在人気の「収入証明書類不要」というローンでさえ、個人事業主の場合は借り入れ(希望の)金額に関係なく、所得を証明する書類を提出しなければいけません。納税関係の書類やケースによって、普段のお金の管理や品物の管理まで(納品書など)厳しくチェックされることがあるのです。

 

これは、会社員ならばおおよその収入が予想できる一方で、フリーランスとなるとヘタをすれば無収入という場合もあるからです。「収入証明書類不要」という言葉の裏には「フリーランスは除く」という言葉が隠れているので気をつけましょう。

 

フリーランス、自営者の方は自分のスタイルで働けるという大きな魅力があります。しかし、キャッシングの世界ではお金が借りにくい、提出する書類が多いなど面倒な点(デメリット)がいくつかあります。お金を借りる時には、注意して申し込んでください。